レンタカー利用時の注意事項

札幌観光を楽しむ場合には、運転者は特に普段の運転以上に注意をする必要があります。これは慣れない土地であると同時に、時間通りに観光を進めなければならないという、プレッシャーが起こるからです。こうした事が起きない為には同行者のサポートも必要です。

■時期による札幌観光
レンタカーで観光を楽しむのは、自由に移動できるレンタカーはとても有利な移動方法です。しかし、札幌は季節によって危険な時期も存在します。特に、雪が降り始める11月過ぎからは本格的な冬が訪れ、3月までは雪害による事故が懸念されます。この時期は、現地の住民でさえ運転が難しいとされていますので、この季節には無理にレンタカーを借りようとはせずに、地元の公共機関を利用します。また、この寒い時期にノウハウを持つツアーなどに参加される事をお薦めします。極寒の地域ですので、冬場は特に暖かい恰好をして凍える事が無いような工夫を施しましょう。

■規定事項
札幌観光を十分に楽しむためにも、あらかじめレンタカーを借りる際の注意事項は把握しておきたいものです。特に不慣れな札幌の地理は、運転者にとって戸惑う事も多い事でしょう。レンタカー会社では、色々な規定もあり、それを把握したうえで借りなければなりません。会社によっては、20歳以上で運転歴1年以上などの規定も定められている場合がありますので、免許を取って間もない方は注意が必要です。また、借りる時に必要なものは、代金以外にも免許証は必須のものですが、会社によってはクレジットカードのみだとか、運転免許証以外にも身分証明が必要であったりしますので、あらかじめ調べておきます。

■注意事項
レンタカーを借りる時の注意事項もあり、これは会社によって異なっていたりします。札幌エリア内で同系列会社であれば、どの系列会社でも返却可能な場合もありますので、便利なサービスはどんどん使っていきましょう。レンタカー会社は『免責補償制度』があり、保険に入る事でこの補償を受けられる事になりますが、万が一の事故や盗難に遭った場合は、速やかに所轄の警察に届けなければ、この免責補償制度を受けることは出来ません。

レンタカーで札幌観光を楽しむ時には、あらかじめどの業者に借りるのか決めておくと、速やかに行動する事ができます。また、保険に加入する事で万が一の事故が起きた場合にも、保証が受けられますが、運転手の過失によっては受けられない事もあります。