札幌の観光はレンタカーがおすすめ

pps_kazaguruma_tp_v1

北海道は、いまだ広大な大自然の残されている土地で、旅行先としても人気を誇っている場所です。最近は新幹線も東北とつながったおかげで、いよいよ気軽に行ける旅先となって来ています。しかし、人気の札幌でさえ観光範囲が広く、レンタカーを使った楽しい旅の企画も多くあります。

■札幌での観光旅行

北海道でも有数の観光地である札幌は、季節のイベントも含め多くのイベントを抱えた地域でもあります。特に冬の『さっぽろ雪まつり』では、国内はおろか海外の観光客も多くこの地を訪れています。イベントは2月に行われている雪まつりの他、5月から12月まで何らかのイベントが催されており、名所も数多く存在しています。雪の季節以外であれば、この広大な北海道でレンタカーを使っての観光ができる為、札幌を拠点にした観光地巡りも人気の旅を楽しむ方法として利用されています。また、レンタカーを使っての観光モデルコースもありますので、それを参考に観て回るのも良いかもしれません。

■札幌グルメをレンタカーで楽しむ

ひとえに札幌と言っても、その地域面積は広いために、レンタカーを使っての観光が小回りの利く観光方法として、雪の降る季節以外多く使われています。札幌は北海道内でも最大の都市であり、北海道のグルメが集中して食べられる場所でもあります。その郷土料理も石狩鍋を始めチャンチャン焼きやコーンバターラーメン、いもだんご、ジンギスカンに三平汁、いかめしやルイべなど数々の有名な料理がありますが、珍しいハッカク料理やウニ,イクラ、毛ガニや北寄貝に帆立など数々の絶品が目白押しでもあります。こうしたグルメを味わうには、やはり小回りの利く方法で回りたいものです。

■旅先での注意点

北海道は冬場は極寒の地と化します。こうした時期には、不慣れなレンタカーではなく、別の移動手段を検討しましょう。または、ツアーで組まれた場所を観光するのが得策と言えるでしょう。特に平野部で吹雪に陥ると、スタックするどころか、命の危機も危ぶまれる程ですので、決して冬場の場合は天候が穏やかであっても、レンタカーで運転するなどの無謀なことはおやめください。また旅先では、同じ国内とは言っても不慣れな地ですので、場所の確認は怠らずにしておきます。いつ何時、災難に巻き込まれるかもわかりませんので、そういった心構えが旅では重要なのです。

レンタカーで札幌めぐりをする時期は、春から秋にかけてが可能で、お祭りなどのイベントも楽しむ事ができます。グルメを巡るのも最高に楽しいものですが、海鮮類で新鮮なものを楽しみたいのであれば、時期を選ぶ事が大事です。レンタカーで楽しむ北海道はいっきに行けると事、やれる事が広がりますのでどのレンタカーを使うのが良いかの調査をし、予約してみると良いでしょう。

■ネット予約でレンタカーが購入できる

今はアプリやインターネットで誰でも簡単に予約ができる時代になりました。その中でもおすすめのレンタカーが予約できるサイトをご紹介します。

レンタカーの魅力とは?

レンタカーの魅力は、その小回りさにあるでしょう。北海道は大変に広く、荒野が果てしなく広がる大地が現在でも多く残る土地でもあります。札幌一つにとってみても、その広さは同じく広大で、この場所を敢行して回ろうというのは、中々一筋縄ではいかないものがあるのです。ところが、レンタカーならば、新千歳空港にも存在し、空港を降りてすぐにレンタル可能というところが良いところでしょう。公共機関を使っての移動であるならば、荷物の事も考えなければなりませんが、レンタカーならばトランクもあり、車種も選べますので、自由度が広がると言うわけです。

■レンタカーとツアーとの比較
札幌観光をする時には、個人で観光巡りをするのかまたは、観光ツアーの中で観光を楽しむのかの選択が考えられますが、ツアーを選んだ場合のデメリットは、既に選ばれている観光場所の範疇でしか観光ができない事にあります。しかも時間厳守なので、決められた時間内の行動を終了させなければなりませんので、行動の範囲は狭められます。体験施設での貴重な体験も中々出来ない事も多く、時にはマナーの悪い参加客によって、行動の阻害を受ける事もあります。個人での旅行であれば、レンタカーや地元の交通機関を使って自由に行動出来ますので、思った通りの観光が出来ます。

■新感覚の自転車観光
札幌での公共の乗り物は、JRやバス、タクシーに自転車、レンタカーなどがあります。札幌の近場での観光あるならば、自転車を使った『ポロクル』というサイクルシェアリングシステムがあります。これは従来のレンタルサイクルとは違い、市内に40カ所あるスポットにて、自由に貸し出しや返却が可能というシステムです。この自転車を使ったサイクルコースもありますし、ガイドが付いて来るツアーもあるため、こうしたツアーへ手軽に参加するのも良いかもしれません。ただし、乗り捨てではありませんので、時間内に定められた拠点の場所へ返しておかなければなりません。

■ワンウェイの魅力
札幌のレンタカーには、『ワンウェイ』システムがあります。これは借りた場所に返すのではなく、定められた場所であればどこでも返却が可能なシステムで、定められた場所というのは決められたエリア内の事です。よく言われている『乗り捨て』ではありませんので、その辺に適当に乗り捨てるということは出来ません。返却エリアは千歳空港周辺も含まれており、その店舗数は16カ所もありますので店舗数が多くて、観光に利用するのには、大変利便性に長けています。例えば空港から目的地までいくのに、レンタカーでなら寄り道観光をしながら行けますので、行きがけの駄賃という事も可能になります。

札幌でレンタカーを借りるのであれば、エリア内で簡単に貸し出しや、返却が無料で行える『ワンウェイ』システムが自由度が高く、便利な事が魅力と言えるでしょう。時間を気にしない、のんびりとした時を過ごしたいのであれば、こちらを選びましょう。

良いレンタカーの選び方

札幌での観光やビジネスに、レンタカーを使う事で非常に小回りの利く移動ができる事がわかります。しかし、一概にレンタカーと言っても普段利用しない方にとっては未知の代物です。ここでは札幌のレンタカーがどの様なものなのかを見て行きましょう。

■普通乗用車での乗車人数
札幌でも少し辺鄙な場所では、特に公共の乗り物などが無い場所が多く、タクシーを使うと不経済な事になりかねません。その点レンタカーは、自分で運転しているので好きな場所へ、リアルタイムで行きつく事ができます。しかし一概にレンタカーと言っても色々種類もあります。一般的に普通免許で乗れる車種が多いのですがその大きさは色々あり、普通免許では10人まで乗車が可能になりますが、基本的に7人乗りや5人乗りの車種が選ばれる事の方が多いと言えるでしょう。何はともあれ、普段乗った事のないマイクロバスなどは、危険があります。

■車種について
札幌の業者によっては、様々な車種を取りそろえているところも多いものです。札幌のレンタカー会社で一番多いのが乗用車タイプで、セダンタイプやクーペタイプが中心で両方ともに5人乗りが多く使われています。セダンとクーペの違いはドアの枚数が主な違いで、二人のお使いであればクーペが良いでしょう。また7人乗りのワゴン車もあり、人数の多い時にはこのタイプが選ばれる事が多いです。また、体の不自由な方の為の『ウェルキャブ』などの福祉タイプの乗用車もありますので、お年寄りや身障者の方でも安心して旅行が楽しめます。

■選び方
レンタカーで、札幌観光を楽しむのであれば、選び方はとても重要だと言えます。新婚さんや恋人同士であれば、スポーツタイプの車種もありますし、乗り心地も優れています。かたや人数の多いときはワゴン車が有利ですが、人数が5人だからと言って5人乗りのセダンなどの普通乗用車だと、とても窮屈で観光どころではありません。また荷物の収納にも困る事になりかねないので、この場合は7人乗りのワゴン車などを選ぶ事が、快適な観光をするのには向いていると言えるでしょう。更に人数が多ければマイクロバスを借りる事が出来ますが、あらかじめ教習所などで練習しておく必要があるでしょう。

レンタカーを札幌観光で利用する場合には、その選び方は重要な事です。車内が窮屈になっていると、弊害ばかりが多くせっかくの観光も、苦しいものになってしまうかもしれません。また、事故につながる危険もありますので車種選びは慎重に行いましょう。

札幌観光を楽しむ場合には、運転者は特に普段の運転以上に注意をする必要があります。これは慣れない土地であると同時に、時間通りに観光を進めなければならないという、プレッシャーが起こるからです。こうした事が起きない為には同行者のサポートも必要です。

■時期による札幌観光
レンタカーで観光を楽しむのは、自由に移動できるレンタカーはとても有利な移動方法です。しかし、札幌は季節によって危険な時期も存在します。特に、雪が降り始める11月過ぎからは本格的な冬が訪れ、3月までは雪害による事故が懸念されます。この時期は、現地の住民でさえ運転が難しいとされていますので、この季節には無理にレンタカーを借りようとはせずに、地元の公共機関を利用します。また、この寒い時期にノウハウを持つツアーなどに参加される事をお薦めします。極寒の地域ですので、冬場は特に暖かい恰好をして凍える事が無いような工夫を施しましょう。

■規定事項
札幌観光を十分に楽しむためにも、あらかじめレンタカーを借りる際の注意事項は把握しておきたいものです。特に不慣れな札幌の地理は、運転者にとって戸惑う事も多い事でしょう。レンタカー会社では、色々な規定もあり、それを把握したうえで借りなければなりません。会社によっては、20歳以上で運転歴1年以上などの規定も定められている場合がありますので、免許を取って間もない方は注意が必要です。また、借りる時に必要なものは、代金以外にも免許証は必須のものですが、会社によってはクレジットカードのみだとか、運転免許証以外にも身分証明が必要であったりしますので、あらかじめ調べておきます。

■注意事項
レンタカーを借りる時の注意事項もあり、これは会社によって異なっていたりします。札幌エリア内で同系列会社であれば、どの系列会社でも返却可能な場合もありますので、便利なサービスはどんどん使っていきましょう。レンタカー会社は『免責補償制度』があり、保険に入る事でこの補償を受けられる事になりますが、万が一の事故や盗難に遭った場合は、速やかに所轄の警察に届けなければ、この免責補償制度を受けることは出来ません。

レンタカーで札幌観光を楽しむ時には、あらかじめどの業者に借りるのか決めておくと、速やかに行動する事ができます。また、保険に加入する事で万が一の事故が起きた場合にも、保証が受けられますが、運転手の過失によっては受けられない事もあります。

札幌の観光旅行は、北海道でも魅力あるもので、北海物産のほとんどを堪能できます。観光名所では、レンタカーを使った観光旅行なども多く利用されており、ここではそうしたお奨めのスポットを紹介してみたいと思います。

■レンタカーが有利な札幌観光
観光ツアーなどでは、王道と言える観光名所が網羅されており、札幌に慣れている方などは、物足りない部分も多いと思われます。しかし、レンタカーならば自由な移動が可能なために、ツアー以外のマイナーな観光地を、この方法で楽しむ事ができると言うわけです。特に体験施設などの利用の為には、自由に行動できる事が必要条件なので、自由な行動を楽しみたい方ほど、車を利用した方が、利便性に長けた観光を堪能できると言うわけです。少人数であれば、公共機関を使う事も考えられますが、人数が多いほど時間を取られますし、行動にも制限が掛けられてしまいます。

■札幌観光での体験施設
札幌では、地元の自然を堪能できる観光施設も多くあり、ここでしか体験できない楽しみも多くあります。こうした場所は、辺鄙な場所にある事も多く、レンタカーでも移動が早道となります。体験施設は色々あり、『サッポロさとらんど』などいくつもの体験ができる場所がお奨めです。ここでは季節の作物を収穫できる農作業体験や、バター手作り、とうふ、そば作りコースなど多くの体験ができるのがポイントで、特に札幌ならではの乗馬体験も行う事ができます。また川で釣りを楽しんだり、窯焼きピザを堪能するなどの施設もありますので、お好みで選ばれると良いでしょう。

■レンタカーで行くおすすめ観光
札幌観光をレンタカーで行くのであれば、穴場スポットに是非立ち寄るべきでしょう。特に有数の観光名所である『羊ヶ丘展望台』へは、レンタカーなしでは難しいものです。また道の駅を巡る事で、格安の地元物産が手に入りますので、ぼられる心配もないと言うわけです。また、日帰りであれば旭川や富良野に小樽、ニセコまで足を運ぶ事ができますので、札幌観光以外にもこうした場所へ、気軽に遠出を楽しむ事ができます。遠出をされる時には、携帯トイレや軽食などもあった方が良く、飲み水も必需品です。また、スマホは有効に使えますので、車で使える充電器も用意していきましょう。

レンタカーを使って札幌観光を楽しむには、下準備も色々必要です。運転者や同乗者も疲れない工夫が必要で、空気で膨らませるエアー枕やエアーマットなどは、非常に快適な車の旅の必需品でしょう。また、スリッパやサンダルなどもむくみ防止に欠かせません。